前立腺肥大とは

 

男性特有の悩みである前立腺肥大とは??

 

前立腺肥大症は、男性が加齢とともに前立腺の細胞数が増加して肥大化する疾患のことです。

 

前立腺というのは、膀胱の下にある栗の実大のもので、尿道を取り囲むように存在しています。前立腺から分泌される液は精液の構成成分で、精子を保護しエネルギーを補充する働きがあるとされます。

 

年齢とともに生殖能力が必要としなくなるため、前立腺は委縮するのですが、食生活の向上・欧米化により、現在では80歳までに日本人男性の80%が前立腺肥大症になるといわれています。

 

この病気は50歳代になると急速に増加する病気で、排尿を我慢できない、勢いが弱い、尿の出が悪くなったり、排尿に時間がかかったり、頻尿になるなどの症状が出ます。

 

前立腺肥大症が疑われる場合の検査方法は、「直腸診」、「尿流量測定検査」、「腹部超音波検査」、「血液検査」などを行います。

前立腺肥大症の進行

前立腺肥大症があっても、ただちに治療をしたり薬を服用する必要がない場合もあり、前立腺肥大によって起こる症状がどの程度か、また生活に支障があるかどうかが治療を始める指標になります。

 

しかし、前立腺肥大が進行すると様々な合併症を引き起こすことがあります。

 

<肉眼的血尿>これは、前立腺肥大のために、尿道粘膜の充血がおこり、前立腺部の尿道粘膜から出血して血尿が出やすくなるというもの。

 

<尿路感染>排尿障害のために、膀胱内に残尿があるようになると、尿路感染が起こりやすくなります。

 

<膀胱結石>膀胱内に常に残尿がある状態が長期間続くと、膀胱内に結石ができてしまうことがあります。

 

<尿閉>この症状は、尿が溜まっているのに尿が出せない、出ない、というつらい状態となるものです。前立腺が大きいほど起こりやすく、飲酒や風邪薬で症状が出たり、尿意を我慢しすぎても尿閉を引き起こすことがあります。また、胃の内視鏡検査をするために使用する、臭化ブチルスコポラミンという注射液でも尿閉を引き起こすことがあるので、注意が必要です。

 

<腎機能障害>膀胱内に尿が多量に残っていたり、排尿障害があるために膀胱壁が厚くなることがあり、そうすると腎臓から膀胱への尿の流れが妨げられて腎臓が腫れる状態になって、腎不全になることがあります。

 

<溢流性尿失禁>これは、膀胱内に多量の尿が残っているために、尿があふれ出てしまう症状で、尿道からいつもちょろちょろと出ている状態です。

ノコギリヤシが前立腺肥大に効果あるんです

前立腺は加齢とともに必要とされなくなって、通常は委縮して小さくなるのですが、近年は食生活の変化や欧米化によって、委縮とは反対の肥大化するようになりました。

 

多くの男性が前立腺肥大症にかかってしまうと言われています。
しかしその症状によっては、治療の程度が異なります。服薬でいい場合、手術が必要な場合と色々ですが、ノコギリヤシが効果があると言われ、近年は医薬品に積極的に取り入れられています。

 

日本ではまだ医薬品としての認可が下りていませんが、サプリメントとして通販などで気軽に購入できます。前立腺肥大の自覚症状があったり、尿に関する悩みがあるならノコギリヤシサプリを試してみるといいかもしれませんね。